格安スマホに乗り換えた後の感想と節約額

あのひとも格安スマホに変えたみたい

家計の節約のために「格安スマホ」に家族全員乗り換えました。もうすぐ1年がたちますので、感想といくら節約できたかをまとめておきたいと思います。

結論としてはGOOD!

世の中の意見としては酷評もありますが、私から言わせれば選び方を誤っているのです。安くなるので少し我慢する部分があることに加えて、自分に合ったものを選ぶことができれば、本当によいと思います。

格安スマホというと、スマホ端末自体が安いということを指す場合と、スマホに挿入するSIMカード(顧客データなどが記録されているカード)の月額費用が安いものを指す場合があります。この記事では、スマホ端末とSIMカードを合わせて格安スマホと記載しています。

 

私の格安スマホ生活

約1年間の格安スマホ生活について、乗り換える前と比較してみます。

家族(大人2人、学生1人)でソフトバンクの契約をしていました。月額費用は2万円を超えていたので、なんとかしなければならないと思い調べてみたところ格安スマホにたどり着きました。

家計の節約をするときには、日々の食費などを削ることも大事ですが、一番効果的なのは毎月かかる固定費を見直すのが最も効果的です。携帯電話料金も毎月の固定費なので、いつも辛抱しているのに上手くいかないときには、携帯電話やスマホの見直しを検討してみてください。

乗換え前
(ソフトバンク)
乗換え後
(格安スマホ)
 月額費用  2万2千円前後  7千円
 スマホ端末代  無料  月額3千円
 スマホ端末 夫:iPhone5S
妻:iPhone5S
子供:iPhone6S
夫:aroowsM02
妻:aroowsM02
子供:iPhone5c
 会社  ソフトバンク  mineo

節約することが目的だったので、それを考えれば、月に1万円強、年間12万円強の節約となりました。

これまで大手キャリアで契約していたスマホを使い続けることができれば、さらに安く済み三分の一の価格となります。

ソフトバンクで契約している人は残念ながら、多くのスマホ端末は、格安スマホとして使うことができないです。安いSIMカードを指しても適応しておらず、電話やインターネットができないです。

逆にドコモやauで契約している人は、そのまま格安スマホとして多くの端末が利用できるので非常におすすめです。

mineo

 

格安スマホ感想

月額費用については、上述のとおり申し分ない結果です。あとは、使用感については、実際に使ってみないといけないので、その点について触れてみます。

スマホ端末

スマホ端末

大手キャリアの場合には、最新版のiPhoneが実質無料で手に入ります。iPhoneは非常に優秀な機種で、デザイン的もかっこよく皆から愛されていますね。

実質無料となっているのですが、実際の値段は10万円前後します。このスマホ端末が無料になるのだから、月額費用(契約2年間の総額)はそれ以上に高く加算されているということは簡単に推測できることと思います。

ソフトバンクを除いては、2年契約が経過すれば、そのスマホ端末を使い続ければよいので、スマホ端末における使用感や感想は大手キャリアで使っていたときと変わりがないと思います。

一方で、ソフトバンクで契約していた場合やスマホを新調したいと思う場合には、スマホ端末を購入するわけですが、iPhoneを購入するのは節約の面からはあまりお勧めできないです。10万円もするスマホ端末もありますが、普段使いするものであれば、4万円以下の中位スマホ端末でも十分だからです。

私の購入した富士通製のarrowsM02が3万円前後で販売されていますが、使用感は全く問題なく優秀な機種です。

格安スマホの中には、1万円ぐらいものもありますが、こちらは動作が「もさっと」していたり、フリーズしたりするものがありますのでやめておいたほうが無難です。

あとは海外製のもので、スペックのわりに非常に安いものがあり雑誌などでもピックアップされているのですが、サポートが悪く故障したときに対応などが最悪なのでやめておいたほうがよいです。

スマホ端末の選択肢として中古もあります。この場合の着目点は、長く使っているものだとバッテリーが摩耗していて、すぐに充電が切れることがあるので、バッテリーの交換ができる機種なのか確認すべきです。また新品と違って、保証がついてないものがほとんどなので、購入店でどのような保証があるのかを確認してください。まえのオーナーがスマホ端末代を支払わず使えなくなる「赤ロム」になった場合には永久保証、端末自体の故障は3か月無料などのところもあるので、そういったところから購入してください。

ということで、スマホ端末のおすすめは、新品で日本メーカーの3万円前後のものです。そうすれば、iPhoneほど高性能ではないですが、満足できるスマホを選択できると思います。

 

SIMカード

SIMカード

SIMカードに顧客情報が書き込まれて、それを読み取り通信をしています。大手キャリアの場合は、窓口の人が挿入してくれているので分からないかもしれませんが、どのスマホにも必要なものです。

SIMカードの顧客情報を読み取り、その人がどのくらい電話やネットをしているのか、どの位置にスマホがあるのかなどを把握しています。

SIMカードは、それぞれの事業者で契約しますが、事業者ごとに料金プランやサービス内容の違いがあります。

このサービス内容については、契約前に自分に合ったものを選択すればよいと思います。

大手キャリアでは「使いたい放題」でネットし放題ですが、格安スマホは使用量によって料金が異なります。スマホを使う人の6割以上が月に3GB以下というデータがありますので、とりあえず3GBで契約しておけばよいでしょう。

あとは、あまったデータ量を翌月に持ち越すことができるサービスなど、それそれの事業者でサービス内容は異なりますので、契約前に確認しておいたほうが良いです。

 

通信速度

高速道路スピード

格安スマホの酷評で最も意見が多いのが、通信速度だと思います。ネットのスピードが遅くなったというものです。

これは、格安スマホ事業者は料金を抑えるために、通信速度を大手キャリアよりも絞って提供しているからです。

高速道路に例えると、大手キャリアは10車線あるのに、A格安スマホ事業者は3車線、B格安スマホ事業社は2車線といった具合です。

車線が込み合う時間帯である、平日のランチタイムや通勤時間は渋滞が起きやすくなるので遅くなってしまいます。

ここでよく勘違いがあるのですが、ランチタイムと通勤時間だけではなく他も遅いと思われがちですが、込み合う時間帯以外では、基本的に体感速度での違いはあまり感じないです。

そのため、ランチタイムと通勤時間以外は「安いのだからしょうがない」と理解をできている人であれば問題ないと思います。遅いといってもLINE、メール、SNSなどであれば、全然問題なく使えます。

また、格安スマホ事業者によっても通信速度(車線数)は異なり、遅くなった場合には、頻繁に拡張工事をしてくれる事業者もあります。私が使っているmineoも積極的に拡張してくれる事業者です。

そのため、使用感としては、通常は何ら問題がなく、ランチタイムや通勤時間はLINEやFACEBOOKなどで楽しむことにしています。

あとは、無料WIFIスポットに接続したり、ランチタイムを13時以降にずらしたりすることで対策をしています。

通信速度に関しては、毎月計測してくれているブログもありますので、そちらで確認をしてみてください。 → 格安スマホ・SIM 通信速度を毎月比較!

 

格安スマホに乗り換えるか悩むときには?

パターンごとに解決策を考えてみたいと思います。

家計がピンチ

家計がピンチならば固定費の見直しはすべきです。スマホは持たなくても良いものなので契約をやめることを考えてみましょう。

それでもスマホを持ちたいならば、大手キャリアから格安スマホに乗り換えれば半額以下で持つことができますよ。

 

最新版iPhoneがいい!

iPhoneは非常にかっこよく優秀な端末なのでファンも多いです。

格安スマホでSIMフリーiPhoneとすることもできるのですが、総額で比較すると、それほど安くならないと思います。

  • 大手キャリア:168,000円(月額7千円×24か月)
  • 格安スマホ:146,000円(月額1.5千円×24か月+端末代11万円)

2年間で2万円程度しか変わらないのであれば、サービスが充実して通信速度も安定している大手キャリアが良いと思います。

ただし、2年契約経過後、スマホはそのままで、SIMカードだけ格安スマホ事業者に乗り換えるならば、非常に良いと思います。

 

ごりごりネット通信をしたい

スマホをパソコンにデザリングしたり、アプリを大量にダウンロードしたり、多くのデータ量を使う場合には、大手キャリアの使いたい放題のプランがよいです。

 

 

どの格安スマホ事業者がよい?

かなりの事業者数がありますので一概には言えませんが、ドコモで契約したスマホを使い続けるならばmineo、auで契約したスマホを使い続けるならばUQmobileがおすすめです。

新品でスマホを購入するときには、上記の2つの事業者に加えて、セット購入できる端末が多彩なDMMmobileも検討してみてください。

あとはサービスの内容で検討したい方は、検索ツールが提供されていますので、そちらで検索してみてください。

 

子供へ持たせるスマホは格安スマホあり?

ありだと思います。子供だけ格安スマホにしても良いですね。

子どもの場合には友達との通話やSNSで使いすぎてしまう可能性がありますので、毎月の通信量を決めることができる格安スマホを選択することで、料金も抑えることができます。

セキュリティの面についても問題はありません。ネットのアクセス先を制限したり見守るサービスもあります。

ヤフーフィルターなど無料のものもありますが、別途、数百円の月額費用はかかりますが、「iフィルター」がおすすめです。

無料のサービスも提供しているものもよいですが、これまで途中でサービス停止になったり、内容が悪いものが多かったです。

 

どのくらい遅くなるのか試してみたい

ソフトバンクのスマホだったり、スマホをお持ちではない方は難しいのですが、ドコモやauをお持ちの方であれば、SIMカードだけ契約すれば体験できます。

届いたSIMカードを差し替え、SIMカードが届いたときに封入されているマニュアル通りに設定すれば試すことができます。

データ通信専用のSIMカードであれば、初期費用が3千円前後、月額費用が500円程度で契約できます。データ通信専用であれば解約違約金もないので、1か月で解約すれば3,500円程度で試すことができます。

 

まとめ

格安スマホに乗り換えてから約1年間たちましたが、半額以下となり、使用感も問題ないので満足しています。

格安スマホは、すべての方にはお勧めできないです。特徴を知り、節約と使用感を天秤にかけて、どちらに比重を重くするかで決めることになります。