せどりから買取サイト運営へ転換|年間売上は280万円減少の1,000万円だが満足

せどりや買取サイトの運営について書くのは、初かもしれません。「せどり」は手軽に始められる副業として注目を浴びているのですが、多くの指南書や教材が詐欺的なものが多いこともあり、積極的に情報発信をするのをためらっていました。

今でも稼げます。月に数万円ならば、週末を使えば副業でも稼ぐことができますし、アカウントをアマゾンに登録するだけの手軽さは他の副業にはないところかもしれません。アカウント登録後は、ひたすら店舗やオークションで商品探しをして、商品を発送するだけです。

ただし、月に数十万円の利益を狙おうとすると厳しい現実があります。また、モチベーションを維持して売り上げを保つのも難しいです。中には、筋が良く稼ぐことができる人もいますが一握りです。スポーツの習い事や職場での同期など、抜きんでてうまい人は何人か居るもので、せどりでも同じです。

これからチャレンジをしようとしている人は止めませんし、成功するチャンスは皆無ではありません。でも「一握り」であることは確かで、人一倍の努力と時間をかける必要があることは知っておいたほうが良いでしょう。

そんな私も2014年中途から、せどりをはじめた一人です。2014年には飽きて店舗を回るのが辛かったので辞めたかったのですが、儲かってはいたので2015年も継続し、仕入れが楽になるように模索しました。

電脳仕入れ、新品仕入れ、プレミアムCDの予約などいろいろやってみました。どれも失敗はしていないのですが、商品検索などを何時間も何日も続けるのは長続きしませんでした。最終的に行き着いた先は、ネットでの買取サイトの運営です。2015年からせどりの回数が極端に減り、2016年は一度も店舗に仕入れにいかなくなりました。

年末ということもあり、リユース事業(せどりと買取サイトの総称)の売り上げを2015年と2016年で比較してみました。その内容などを紹介していきたいと思います。

 

売上比較

アマゾン売り上げ

アマゾン売り上げ比較

2016年終わりまで10日ほどあるので正確ではありませんが、年間で280万円ほど売り上げが減少しました。2015年は1,285万円、2016年は1,003万円となり、割合にして2割減少となりました。

一方で、販売や発送にかかる時間は6割以上減少しました。2015年はほとんどの時間(週に5日ほど)を充てていましたが、2016年は週に2日ほどとなりました。

時間は6割削減出来て、売り上げ2割程度の減少なので、それだけでも満足ですが、売り上げや時間よりも大事なことは利益です。

 

2015年の利益

2015年の利益:4,117,002円、利益率:32%

 

2016年の利益

2016年の利益:3,127,811円、利益率:31.4%

 

実際の利益に関しては、表の一番右側が該当します。額で比較すると100万円ほど減少、利益率ではほぼ変わらない結果です。

また、利益については、ここから税理士報酬、売れ残り商品の代金、法人運営の経費などを差し引くことになりますので、だいたい3割から4割減少しますので、2016年は年間で200万円前後の利益となります。

(※画像を見比べると売り上げが一致していないですが、ツールによって売上の反映タイミングが異なっていますのでズレています。)

 

売上比較のまとめ

勝手に商品が送られてくるので、飽きていた仕入れも行かなくてよくなりました。また、時間も大幅に減少しています。

利益100万円の減少は残念ですが、ほかにもアフィリエイト、企業コンサルティング、サラリーマンなどをやっているので、効率的に稼げることが私にとっては重要なため、現状に満足しています。

 

では、「せどりよりも、買取サイトを勧めているのか?」という感じになってしまいましたが、そうではありません。買取サイト運営は、ライバルが多く、ブックオフなどの上場企業も相手とすることになりますので、難易度が非常に上がります。

 

買取サイト運営のメリット・デメリット

ipadキーボード

買取サイトの運営にチャレンジしたい人向けに、メリットとデメリットを紹介したいと思います。

 

メリット

仕入れ行かなくても商品が届きますので、査定と出品だけで済み、せどりよりも手間がかからないです。

また、全国から商品を集めることができますので、ビジネスを拡大したいときには重要な手段となります。

 

デメリット

上述しましたが、インターネットでの買取はライバルが多く、その中で買取の注文を貰わなければいけません。ホームページを作っただけでは、だれも訪問することはなく、自分しか知らない買取サイトで終わる人も少なくありません。

売りたい人が、グーグルなどで検索したときに上位表示して、サイトに訪問をしてもらうのですが、この上位表示こそが最も難しいです。買取系は多くの企業が上位表示するために日々努力している状況で、いまから参入しても難しいと思ったほうがいいです。

そのため、広告を取り扱っているサイトに掲載してもらうことにしていますが、買取の申し込みが入れば広告費を支払うことになります。さらに、最近では買取価格を比較して買取の申込をすることが一般的となってきましたので、ほかのサイトよりも高い買取価格を提示しなければいけないです。

「高い買取価格 + 広告費 + 送料 + 販売手数料 + 運営費用 + α 」

このように費用がプラスされていきますので、利益率は1割を下回ることもしばしば発生し、トータルでプラスになることは難しくなってきます。さらに、サイトの作成費用や改修費などもありますので、マイナスになることは容易に想像できると思います。

よっぽどネットでの集客や運営に自信がなければ、買取サイトはお勧めできません。

 

私の施策

広告で申し込みをしてくれる顧客に関しては、利益は考えずにトントン、もしくは若干プラスぐらいで買い取っています。そして、次に繋がるようなサービスを提供するようにして、リピーターを増やす努力をしています。リピーターであれば広告経由ではない分だけ、儲けをだすことができます。

また、上位表示させるためにSEOについて勉強し続けています。それに併せてアフェリエイトもやったことで、広告は経由せずに検索をして申し込みをしてくれる人が徐々に増えてきました。(→アフィリエイト収入

 

せどりの現状

初心者で、どうしてもリユース事業をしたい人は、やっぱりスタートはせどりがおすすめです。商品知識や商売について、時間をかければ。ほぼリスクなしで学ぶことができますし、努力次第では月に100万円売り上げも達成できます。

1年以上、せどりをしていないのですが、ブックオフにはよく行っています。買い取った商品の中で、売れそうにないものはブックオフで売っているからです。

その際に店舗を見渡すのですが、一時期よりもせどらーが減ったように感じます(気のせいかもしれませんが)。以前の割引制度もなくなり、商品管理がバーコードを利用するようになったために、利益を出す商品が減っているのかもしれません。

いまの流行りとしては、メルカリを使った仕入れがあるようですが、業者(もしくは業者とみなされる個人)の締め出しが厳しくなっているようです。業者がいることで個人の方が自由に取引できないことや、偽物を売りつけるなどの行為が問題視されたようです。

また、アマゾンが最近行った対策として、ソニーやシャープなどの新品製品を売る場合には、仕入れた証明の提示を求めるようになりました。こちらは、店舗の展示品を新品として出品して、クレームが以前から多かったことによるものでしょう。

せどりをやらない理由であれば、いくつも並べることができます。

でも、やっぱり一握りの「スーパーせどらー」はいつでも存在し、知り合いの「スーパーせどらー」に聞いたところ、いまは中国で製品を輸入したり、商品の企画をして中国でOEM化をして売り上げを順調に上げているようです。売上も年間7千万円を超え社員も何人かいるようで、ここまでなれば素晴らしいですね。

このスーパーせどらーも、2年前は一緒にブックオフでピコピコしていたんですよ。私は買取サイトに移行したので疎遠になっていましたが、いまでも頑張っているようです。

 

せどらーを目指す方へ

これからやるにしても、スタートはブックオフなどの中古店でスマホとバーコードリーダーを片手にピコピコ、何時間も、何日も続けることから始まるのだと思います。

私がスタートした時も、「もうせどりは終わり」という人も少なくなかったですが、ブックオフでピコピコからスタートしていまがあります。

人目を気にせず、すべての棚の商品を1つ1つ調べるぐらいの時間と勇気は必要です。店員から注意されても、別の店舗でやりましょう。これができない人は、先がないと思いますので止めておいたほうがいいです。

また、ツールやアプリには少しのお金をかけましょう。バーコードリーダーは買ったほうがいいです。買わなくてもできますが、いかに効率化するかがポイントで同じ時間で何倍もの検索ができます。

また、商品が増えてきたらプライスター、評価が気になるならアマスタを検討してみてください。私も何年も使い続けているツールです。

プライスターは商品説明を自動で入力してくれるなど出品の効率が上がり、価格改定も自動で行ってくれるツールで、月に5,800円と低価格です。(→プライスター詳細:30日間無料リンク

アマスタは評価依頼を購入者に自動でメール送信してくれるものです。アマゾンは悪い評価はつきますが、いい評価はつきにくいです。そのための対策にはアマスタが良いと思います(→アマスタ詳細

逆に、ビカビカした広告(せどり100万円など)に多くのお金を使う必要はないです。ほとんどの場合は、役に立たないか、支払う料金ほどの価値はないです。どうしても方向性を見失ったり、悩みを解消したいときには、せどりのブログを書かれていて実績にある方に、コンサルをお願いするほうがよっぽど良いです。

安くはないですが、一緒に店舗を回ることができるので学ぶことが多く、終わった後も相談に乗ってくれるような人も居るので、そういった方を探してみてください。(私はコンサルは受けておりません)

 

初のせどり記事でしたが、いかがでしたか?

また、売り上げなど機会があれば報告をしますのでご覧ください。