ひふみプラスを楽天ポイントで購入!毎月ポイントがたまった分だけ積立てていこう

金融機関に以前勤めていた私にとって、「ポイントで投資信託を購入?」という衝撃的なニュースがありました。あの金融庁がよく許可したな~という感想でした。

ということで、2017年8月26日から楽天証券において楽天スーパーポイントで投資信託が買えるようになりました。

実際のところは、楽天スーパーポイントを楽天証券が買い取り、その買取金額で投資信託を購入する仕組みとなっていますので、「楽天スーパーポイントを楽天証券が買い取り」が今回の大きな変更点になっています。
(買取金額(現金)で投資信託を購入は、いままでにもやっていたことですから。)

このニュースを7月ごろに聞いたので、すぐに楽天スーパーポイント集めを開始して、約4か月で6,000ポイントたまり、まとまったポイントになりましたので、さっそく投資信託を購入してみました。

 

楽天スーパーポイントでひふみプラス購入

楽天スーパーポイントでひふみプラス購入画面

楽天スーパーポイント6,809分で、すべて「ひふみプラス」を注文しました。

すでにひふみ投信やひふみプラスは持っているので、「ジェイリバイブ」も検討しましたが、信託財産留保金が0.3%かかるところが、きになったので、結局ひふみプラスにしました。

毎月ポイントが、1,000~2,500ぐらい貯まりますので、毎月、すべてをひふみプラスの購入に充てていきたいと思います。年間で18,000円ぐらいは投資できる見込みです。

ポイントに対しては、いろいろな考えがあると思いますが、私の場合には、「無料で投資信託を購入してるので、損をしても痛くもかゆくもない」というふうに考えています。

 

ひふみ投信は本当に大丈夫?「ジェイリバイブ」とチャート比較

2017.08.23

ひふみ投信の評判と評価、投資成績など知りたいことのまとめ

2016.02.19

 

楽天スーパーポイントで投資信託の購入の概要

サービス開始  2017年8月26日
最低単位 100ポイント~(一部を現金で支払い可)
換価単位 1ポイント1円
上限 毎月10万ポイントまで
1注文3万ポイントまで
利用できるポイント 楽天スーパーポイント、楽天証券ポイント
利用できないポイント 他のポイントサイトからチェンジしたポイント、期間限定ポイント
購入できる投資信託 楽天証券で取り扱いのある投資信託

楽天証券がポイントを買い取って現金化したもので、投資信託を購入する仕組みなので、基本的に通常購入するときと同じようにほぼ制限はありません。

税金に関しても、取得価格(購入時の金額)から解約時の金額の差額に対して、20%(+復興税)の税額となります。

ポイントの買い取りについては上限があり、毎月10万ポイントで、1回の注文で3万ポイントまでとなっています。

 

楽天スーパーポイントをどうやって貯めた?

楽天スーパーポイント付与状況(11月6日現在)

楽天スーパーポイント付与状況(11月6日現在)

通常であれば、楽天カードで楽天市場でネット購入し、いろいろなポイントアッププログラムを利用して貯めます。

私の場合には、あまりクレジットカードは利用していないです。クレジットカードの審査が通らないのではなく、一時的でも借金をしているような感覚が、あまり好きではありません。

またネット購入の際は、アマゾンのギフト券を割り引いて入手することで実質的な割引が楽天市場よりも大きくなりますのでアマゾン利用が殆どです。

Amazonギフト券を格安で入手できる9つのサイト比較

2015.10.30

 

そのため、楽天スーパーポイントを貯める方法として、楽天銀行に口座開設しデビットカードを作りました。そのデビットカードで、ネット購入以外の殆どの決済をやりました。

コンビニ、スーパー、ホームセンター、ガソリンスタンド、理髪など、これまで意識していなかったのですが、クレジットカードが使える店舗を意識して利用しました。結果的に毎月1,000ポイントから2,500ポイントを貯めることができました。利用額としては、ほとんどが1%なので10万円から25万円となっています。

 

楽天カード(クレジットカード)と楽天銀行JCBデビットカード比較

比較対象 楽天カード
(クレジットカード) 
楽天銀行
JCBデビットカード 
カード
支払方法 分割、一括、その他 一括
支払日 翌月27日 楽天銀行から即時引落し
年会費 無料 無料
発行手数料 無料 無料
入会審査 あり なし
年齢制限 18歳以上(安定収入) 16歳以上
利用制限 あり なし(銀行残高まで)
ポイント特典 100円1ポイント 100円1ポイント
保険・補償 傷害死亡・後遺障害
傷害治療費用
疾病治療費用
賠償責任
救援者費用
携行品損害
盗難補償

デビットカードは、クレジットカードのように支払手段として利用でき、即時に銀行口座から引き落としをするカードです。楽天銀行に口座開設後、デビットカードの作成申込をすれば、すぐに作ることができます。

ポイントの特典もクレジットカードと同じく100円で1ポイントとなります。楽天銀行が発行している、ほかのブランドのデビットカードは100円0.5ポイントなどとなりますので、ブランドを選ぶときには気を付けてください。

 

クレジットカードは「保険・補償」内容が充実している点が特徴です。またカードを作るだけで時期によっては8,000ポイントや5,000ポイントをもらえるキャンペーンをやっているので、とりあえずポイントを貯めたいときは作ってみてはいかがでしょうか。

どちらも作って、デビットカードだけ利用するというのでも問題ないです。

 

まとめ

ということで、楽天ポイントでひふみプラスを購入するということを紹介してきました。

投資に不安な時でも、とりあえずポイントだけで投資できるので、はじめてチャレンジするときにもいいのではないでしょうか。

 

口座開設(11月6日現在)

楽天証券
(最大で90,200ポイント)




楽天銀行デビットカード
(ポイントなし)




楽天カード
(5,000ポイント)




 

私は、楽天証券、楽天銀行、楽天カードのすべてに口座開設などをしていたので、口座開設ポイントなどは対象外でした。

これから口座開設するときには、ポイントが沢山もらえることがありますので、まずは確認してみてください。