2018年始の年賀状や郵便物の配達日

年末年始は年賀状があるために、郵便局の配達については通常と異なる場合があります。

年賀状の配達だけではなく、普通郵便やゆうパックなどの配達日についても調べてみました。

 

年賀状

2018年1月1日に配達されますが、1月2日は配達は行われません。1日に届かなかった場合には、3日以降に随時配達されることになります。

1月1日の配達時間ですが、数年前までは10時前後には全てをポストに入れていたのですが、人員や予算の削減により、最近では1月1日の12時までに配達することが目標となっているようです。

 

いつまでにポスト投函したものが1日に配達されるか?

年賀状を1月1日配達に間に合わせるための最終投函は、郵便局が公式に発表している日付が2017年12月25日となります。

26日以降でも、1日に間に合えば配達されますが、日本全国に届けることができると約束されている日付は25日です。そのため、近隣に年賀状を出した場合には、28日ぐらいまでであれば1日に配達される可能性もあります。

 

1月1日以降に投函した年賀状はいつ届く?

予定をしていなかった方から年賀状が届き、急いで年賀状を作成して投函することがあります。同僚などの場合、仕事初めまでには届いてほしいので、相手先への到着日気になるところです。

  • 1月1日17時頃までに投函した場合 → 1月3日
  • 1月2日17時頃までに投函した場合 → 1月3日、もしくは4日
  • 1月3日17時頃までに投函した場合 → 1月4日、もしくは5日

 

差し出し場所と配達場所によって異なりますので、上記は目安として参考にしてください。投函してから、近隣であれば翌日、遠隔地で翌々日の配達です。

1月2日は休配となり、日曜祝日も配達されません。1月7日に投函しても、8日は日曜日、9日は祝日(成人の日)となりますので、10日に配達となります。

はやく届けたい場合には、別料金を支払い速達で差し出してください。1月2日も配達対象となり、速達なので翌日には届きます。

 

郵便物の1月1日から1月3日の配達

年賀状以外の郵便物について、年始の配達スケジュールは次のとおりです。

1月1日、2日、3日すべて配達されるもの

  • ゆうパック
  • ゆうパケット
  • クリックポスト
  • ゆうメール(特殊取扱としたもののみ)
  • レターパック
  • 速達郵便
  • 書留郵便
  • 代金引換
  • 電子郵便(レタックス)
  • 配達時間帯指定郵便
  • 配達日指定郵便等の特殊取扱とした郵便物
  • 国際郵便
  • 小包郵便物
  • EMS

 

1月2日が休配のもの、1日と3日は配達

上記に該当がないものは、2日は配達されません。

  • 年賀状
  • 通常郵便
  • ゆうメール
  • はがき など

 

 

年賀状に関して、1月8日以降だと切手代を10円追加しなければいけません。以下の記事も併せて確認してください。

年賀状の切手は52円と62円で時期によって違うので気を付けて!

2017.10.22