個人番号カードがやっと届いた!交付申請から交付されるまで約3か月

個人番号カード交付書

マイナンバーの「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書」(はがき)がやっと届きました。

通知カードのときも、かなりの時間がかかりましたが、個人番号カードも交付申請から3か月となりました。

個人番号カードの交付ハガキについて、まとめてみたいと思います。

 

個人番号カード

送付方法

転送不要郵便

ポストに投函しますが、住所が変わっていたら転送されません。郵便局に転送届を出していても、転送されないので注意が必要です。

 

どのくらいで届くの?

2015年11月末に個人番号カードの交付申請をしました。2016年2月下旬に到着したので、3か月ほどかかりました。

 

書かれている内容(表面)

個人番号カード交付ハガキ

表面にシールが張られていますが、剥がしてみると、個人番号カードを交付する場所が書かれていました。

私の場合には、最寄の区役所となっていました。交付の自治体名、交付場所、交付住所、電話番号が記載されています。

 

書かれている内容(裏面)

個人番号カード 交付ハガキ 裏面

裏面は細かな文字となっており、非常に読みずらいです。

本人が個人番号カードを受け取るときには、上方にある「回答書」の部分に、日付、本人住所、本人氏名を記入します。それ以外の記載は必要ありません。

代理人が受け取る場合には、「委任状」の部分と暗証番号等を記入して、シールで目隠しする必要があります。

千葉市の場合には、交付されるのに事前予約が必要のようです。一番上に赤字で「受取日時は事前予約が必要です」と書かれています。ゴム印で押されているので、おそらく千葉市のオリジナルとなり、他の市区町村では予約は必要ないこともあるでしょう。

 

個人番号カードの受け取り方は、別記事にしていますので、参考にしてください。

>>個人番号カードの受け取り方

 

実際に「個人番号カード」を交付(受取)

個人番号カード表面
個人番号カード裏面

写真はボカシばかりで参考になりにくいですが、掲載しておきます。個人番号カードをはがきが届いた翌日に区役所に取りに行きました。

 

交付時に持っていったもの

  1. はがき「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書 兼 照会書」(回答書の部分に必要事項を記載済み)
  2. マイナンバー通知カード
  3. 運転免許証
顔写真付きの本人確認書類がない場合には、2つ以上の本人確認書類が必要になります。また、住基カードを交付済みの人は、同時に返納する必要があります。

 

交付にかかった時間

20分

誰も待っていない状態で20分かかりましたので、込み合っていると1時間以上はかかるかもしれません。

交付する場所の問題というよりは、中央システムへのアクセスが混雑しているようです。

 

交付手順

1:受付

持っていったものを提出します。運転免許証はコピーされました。

2:暗証番号の設定

他の人には見えないブースに呼ばれます。そこに設置してあるパソコンの画面で、自分で暗証番号を設定します。

3:注意事項説明

個人番号カードに関して、いろいろな注意事項を説明されました。

重要だと思われる部分をピックアップすると次のとおりです。

  • 個人番号カードの有効期限は10年(未成年は5年)
  • 個人番号カードの有効期限のお知らせはないので自分で管理
  • 個人番号カードの有効期限満了の3か月前より更新申請ができる
  • 引越しや婚姻等でカード券面の記載事項が変更となった場合には、市区町村への届け出に加えて個人番号カードも窓口で提出すること
  • 個人番号カードの紛失時の対処法(参考記事:マイナンバー通知カードや個人番号カードをなくした場合の対応手順
  • 電子証明書は引越しや婚姻等で自動的に失効し、新しく発行する必要あり
  • 電子証明書の有効期限は5年間
  • 電子証明書の有効期限満了の3か月前より更新申請ができる

 

個人番号カードの交付については以上となります。