個人番号カードを証明写真機で申請する全ガイド

Ki-Re-i

まちなかの証明用写真機で撮影から個人番号カード申請まで、すべて完了させることができます。

どの証明用写真機でも、写真を撮ってプリントし、自分で郵送で申請することはできます。写真の撮影に加えて、個人番号カードの申請までできるものは「Ki-Re-i」となります。

その「Ki-Re-i」で個人番号カードを申請してきましたので紹介します。

 

「Ki-Re-i」での申請手順

1:持っていくもの

通知カード裏面
簡易書留郵便で到着した「通知カード」と現金が必要です。通知カードの、下の方にQRコードがあり、申請時に必要なので、切り離さずに持っていきます。

※写真は通知カードの裏面です。表に情報が記載されています。

2:「Ki-Re-i」の設置場所を探す

「Ki-Re-i」の探し方については、以下の記事を参考にしてください。

個人番号カードが申請できる証明写真機の探し方

2015.10.27

 

3:「Ki-Re-i」操作方法

写真の画像が悪く見にくい部分があります。また、一部、個人を特定できる情報等を加工しています。

Ki-Re-i 操作画面1
まず、証明用写真機の中に入ると、この画面となっています。

下のマイナンバースタート(赤ボタン)を押します。

Ki-Re-i 操作画面2
次に申請方法の選択となり、3種類用意されています。

証明写真機で申請、郵送で申請、スマホで申請となり、料金はすべて600円です。

「証明写真機で申請」のボタンを押します。

証明写真機 操作方法3
説明を確認してから、「次へ」を押します。
証明写真機 操作方法4
説明を確認してから、「次へ」を押します。
証明写真機 操作方法4
個人情報の取り扱いについて確認して「同意する」を押します。

下までスクロールして全文を読まなければ、「同意する」ボタンが押せません。

証明写真機 操作方法4
左上にQRコードを読み込ませます。通知カードには、3つのQRコードがあるため、事前に「申請用」のものを確認しておいてください。

※なかなか読み込んでくれませんでした。

証明写真機 申請ID確認
読み込んだ申請書IDが表示されます。間違いないことを確認して「はい」を押します。

個人番号(マイナンバー)ではなく、申請書IDです。

証明写真機 申請ID再度確認
あらためて申請書IDの確認です。間違いないことを確認してから「はい」を押してください。
証明写真機 撮影準備
写真タイプの選択です。

普通の画質での撮影は600円、キレイタイプの撮影は800円です。

どちらか選択してボタンを押します。

証明写真機 お金投入
選択した撮影タイプの料金が表示されますので、お金を入れます。

お札では入金できないので、コインを用意しておきましょう。

証明写真機 写真撮影
写真撮影をします。2ショットを2回撮影できます。

そして、写真を選択するとこの画面になります。頭とあごの位置をセットして、決定を押します。

証明写真機 調整
顔の中心部分をあわせて、「決定」を押します。
証明写真機 最終確認
最終的な確認画面です。

申請内容に関して確認が終わりましたら、「申請する」を押します。

証明写真機 申請終了
この画面で申請終了です。
証明写真機 申請受付カード受け取り
しばらくたつと受取口に「個人番号カード交付申請確認証」がでてきますので、受け取れば全て完了となります。

 

まとめ

ということで、「Ki-Re-i」で個人番号カードを申請する方法を紹介しました。

証明用写真機以外にも、自分でスマートフォンで撮影して申請もでき、その場合は無料です。デジカメで撮影してパソコンで申請するのも無量でできます。

綺麗な写真を撮るために証明用写真機を利用するならば、お近くの「Ki-Re-i」を探して撮影することをおすすめします。同じ値段ほどで個人カードの申請までできますから、写真をカットして貼り付ける工程などもなく、5分もあれば終わります。

 

個人番号カードの受け取りについては、2016年以降に詳細がはがきで通知されます。それまでは、「通知カード」と「「個人番号カード交付申請確認証」は手元に残しておきましょう。

Ki-Re-i