【マイナンバー】個人番号カードを、もっとも簡単に入手する方法

個人番号カード スマートフォン申請

マイナンバーについて、通知カードから個人番号カードに変更するためには申請が必要となります。

交付は無料です。(写真代は有料になる場合あり)

もっとも簡単に入手する方法ですが、スマートフォンで申請し入手する方法となります。

申請は、郵送、スマートフォン、パソコンの3種類があります。まちなかの証明用写真機からも撮影後、申請できるとなっているのですが、情報が少ないために、この記事での案内は控えます。 →証明用写真機についてはこちら

「なんだ、単純にインターネット申請か?」と思われるかもしれませんが、国や市区町村への手続きでインターネットを使えるなんて、これまであまりなかったように思います。

こういった利用がマイナンバー開始によって出来るようになり、便利さを実感できる手続きとなることでしょう。

 

個人番号カード申請

 スマートフォン

通知カードが送付されてきたときに同封された「個人番号カード交付申請書」に記載のQRコードをカメラ(アプリ)で読み込みます。

すると専用の画面に遷移します。必要事項もあらかじめ入力されているので楽です。

写真も指示に従って、スマートフォンのカメラで撮影するだけです。

これで終わりです。

 

パソコン

https://net.kojinbango-card.go.jp/SS_SERVICE_OUT/FA01S001Action.do

こちらから申請する方法です。画面の説明に従って、入力していけば完了します。

写真については、デジカメもしくはスマートフォンで撮影し、メールで送信します。

写真を良いものを使いたいときには、写真屋さんで撮影してもらい、そのデータを送ればよいと思います。撮影前にデータでもらえるか、確認してください。

 

郵便

通知カードが送付されてきたときに同封されていた「個人番号カード交付申請書」に写真を張ります。

写真は、撮影機もしくは写真屋さんで撮ります。サイズは、縦4.5cm×横3.5cmで、撮影から6か月以内のものを使います。

交付申請書をなくした場合には、以下のURLからPDFを印刷できます。

https://www.kojinbango-card.go.jp/shared/templates/free/documents/tegaki-kofu-shinseisho.pdf

 

申請時の留意点

申請時に「署名用の電子証明書 不要」と「利用者証明用の電子証明書 不要」のチェック欄があります。

チェックをすると、その証明書が使えなくなりますので、それぞれ、どんな時に使うのか知った上で判断してください。

 

証明書用の電子証明書

作成・送信した電子文書が、あなたが作成した真正なものであり、あなたが送信したものであることの証明です。

たとえば、確定申告をインターネット(e-tax)で行うなどの行為ができます。

 

利用者証明用の電子証明書

ログイン等した者が、あなたであること証明です。

たとえば、行政のサイトへのログインするなどの行為ができます。

2017年1月以降、自分のマイナンバーがどこで使用されているかわかるサイト「マイナポータル」が始まりますが、そちらでも利用します。

 

個人番号カードの受取方法

個人番号カードの申請が終わりましたら、交付されるまで一定期間があります。

2016年1月以降、順次、交付されることとなります。

受け取りについては、まず交付通知書(はがき)が住所あてに送付されます。そこに受け取り場所が書いてありますので、受領に行きます(通常、市区町村です)。

受け取る場合には、以下のものを持っていきましょう。

  • 交付通知書
  • 通知カード
  • 本人確認書類(2種類必要な場合あり)
  • 住民基本台帳カード(交付済みの場合)

 

マイナンバーの他の記事を読む
個人番号カード スマートフォン申請