丸山珈琲の厳選コーヒーファンドに出資

丸山コーヒーファンド

丸山珈琲・鎌倉店出店ファンドに出資」に続いて、丸山珈琲の別案件であるコーヒー豆の仕入れをおこなうファンドに出資しました。

コーヒー豆を仕入れて、それを販売することにより売り上げます。その売り上げの多少によって、分配が支払われる、もしくは元本割れしてしまうというファンドです。

私自身、いくつかの珈琲ショップでスペシャルティコーヒー豆を毎月買っています。そのため、運用期間中は、ファンドで仕入れた豆を購入することで、ファンドを応援することができ売上にも貢献できます。

単に損益を考える投資ではなく、こういった関わり方ができるファンドは投資をする面白さが増します。

 

ファンド概要

募集総額 15,750,000円
最低投資金額(1口) 50,000円
取扱手数料(1口) 2,850円
分配時振込手数料(1回、楽天銀行) 51円
投資期間 2016年1月1日~2017年6月30日
分配頻度 1回
事業計画上の分配予定額(1口、税引後) 3,503円
事業計画上の利回り予定 7.0%
特典 スペシャルティコーヒー詰合せセット

 

実質利回り

事業計画上の利回りについては、取扱手数料が加味されていないため、実質的な利回りを計算しなおします。また、分配の受取時も振込手数料が徴収されますので、それも含めます。

投資費用(投資金額+取扱手数料+振込手数料) 52,901円
投資回収(元本+事業計画上の分配) 53,503円
特典の現金換算額 10,000円
事業計画上の実質利回り予定(特典含まず) 1.1%
事業計画上の実質利回り予定(特典含む) 20.0%

特典の現金換算額を利回りに含めるかどうかは、投資家の考え方によって異なります。

利回りについては、年利ではなく投資期間(1.5年)における利回りとなります。

 

投資判断したポイント

投資判断したポイントについて備忘録として残します。

 

営業者

丸山珈琲は非常に人気のあるショップの1つです。美味しい豆や珍しい豆の仕入れがあり、良く売れている様子がホームページから伺えます。

珈琲ショップは、豆、焙煎、雰囲気の3点が大事だと考えています。その点はすべてクリアしているのではないでしょうか。

 

売上予定

事業計画上では、1年半で4,781万円の売り上げ見込みです。

今回の募集総額が1,575万円ですので、コーヒー豆は、結構儲かるんですね。もちろん、人件費や送料などの経費も掛かりますが。

話がずれましたが、事業計画上の売り上げを達成できるかがポイントとなってきます。

今回のファンドは単純に豆を売る行為となります。これまで丸山珈琲が業務として続けていることなので、販路もあり、売れなかったということは考えにくいでしょう。

当然、美味しくない豆であった場合には、売れないかもしれませんが、仕入れについてもノウハウは十分にあるでしょうから、問題ないでしょう。

 

 

商品

グアテマラ、ホンジュラス、コスタリカなどの中米の豆を仕入れる予定となっています。

これまでも丸山珈琲が主力としてきたところです。

 

リスク

投資商品のためリスクがあります。20のリスクが表示されています。一般的なリスクなので、特にピックアップはおこないません。

投資をご検討される際は、ご自身でリスク確認が必要です。

 

他店比較

ドトール・日レスホールディングス 売上グラフ

ファンド型クラウドファンディングについては、投資する際の情報が不足しがちなので、上場企業の中から同業他社を探して財務状況などを見るようにしています。ただし、色々な事業展開がありますので、参考にならないことも多々あります。

「ドトール・日レスホールディングス」の売上等の推移です。外食において、かなりのブランド展開をしています。その中で、ドトールコーヒー、星乃珈琲、エクセルシオール、マウカメドウズ、コロラド、LeCafeDoutorがカフェ展開などをしています。

安定的な売り上げと継続的に黒字であることが確認できます。

 

まとめ

丸山珈琲の鎌倉店出店ファンドでも書きましたが、今回は必要な資金を集める目的が主ではなく、広く一般に知ってもらうことが目的になっていると推測しています。

投資案件としては、事業計画上の達成見込みも高く優良な案件だと判断しています。また、豆の特典が魅力的で非常にいいですね。

 

画像出典:丸山珈琲