近江牛のまる亀こうし牧場ファンドへ出資

近江牛

ミュージックセキュリティーズで募集している「近江牛のまる亀こうし牧場ファンド」へ出資しました。

ファンドで集まったお金で子牛を購入して、2年弱の期間で育成し、出荷をするものです。その出荷で得た収益によって、分配金と元本が支払われる、もしくは元本割れしてしまうというファンドです。

牛への投資については、安愚楽牧場(wiki)の投資事件が記憶に新しいです。事実上破綻状態にあったのに、投資金を募集し続けたなどの問題があり、投資家が被害を受けたものでした。

また、TPPにより、牛肉の輸入に対して、関税の完全撤廃は免れたものの大幅に引き下げることとなりました。

TPPの開始時期はハッキリとしていませんが、ちょうどこのファンド期間が終わるころから開始されるものと考えられます。

そういった中で募集が開始された「近江牛のまる亀こうし牧場ファンド」に投資することで学びを得たいという目的があります。

また、ファンド型クラウドファンディングの投資案件としても、これまでになく情報が充実していた点も決め手となりました。

 

ファンド概要

募集総額 5,250,000円
最低投資金額(1口) 50,000円
取扱手数料(1口) 2,850円
分配時振込手数料(1回、楽天銀行) 51円
投資期間 事業が開始した日の翌月1日から2年後
分配頻度 1回
事業計画上の分配予定額(1口、税引前) 3,557円
事業計画上の利回り予定 7.1%
特典 近江牛のホルモン詰め合わせ

 

実質利回り

事業計画上の利回りについては、取扱手数料が加味されていないため、実質的な利回りを計算しなおします。また、分配の受取時も振込手数料が徴収されますので、それも含めます。

投資費用(投資金額+取扱手数料) 52,850円
投資回収(元本+事業計画上の分配-振込手数料) 53,506円
特典の現金換算額 3,000円
事業計画上の実質利回り予定(特典含まず) 1.2%
事業計画上の実質利回り予定(特典含む) 6.9%

※分配時の振込手数料については、登録している金融機関により異なりますので、それによって利回りも変わります。
※分配時には、分配金額に対して20.42%の源泉徴収が行われます。
※利回りは、年単位ではなく投資期間すべてのものとなります。

 

投資判断したポイント

投資するにあたって、検討したことです。

営業者

2013年に設立したばかりの会社(牧場)です。その前は代表の父親が経営する牧場で8年間、修行していたそうです。

新会社で、子牛を購入して出荷するまで2年ほどかかりますので、事業としては駆け出しの段階です。

まずは様子見で最低単位(5万円)の出資としています。

家畜の飼育方法として、狭いところで飼育する方法が問題視されることもありますが、こちらの牧場では音楽が流れ、広いスペースで育てられています。

食肉と育て方については、自分の中で考えを整理することができておりませんが、少なくとも出荷までの間に大事に育てられることは悪いことではありませんね。

 

売上予定

近江牛1頭当たりの価格の推移グラフ

※グラフは滋賀食肉センター地方卸売市場のセリ情報を元にミュージックセキュリティーズが作成したものです。

まる亀こうし牧場が過去に出荷した牛の平均体重は491.7kg、等級は出荷した牛のうち、A5が25%、A4が52.5%、A3が12.5%、A2以下が10%となります。

こういった情報の開示はいいですね、これまでミュージックセキュリティーズで募集した案件の中で優れています。

資料からわかることは、どのくらいで売れるのか予測できます。子牛8頭を仕入れて出荷するファンドですから、これまでと同じであれば、A5が2頭、A4が4頭、A3が1頭、A2以下が1頭でセリにかけられます。

そして、グラフからA5は120万円、A4は100万円、A3は85万円、A2以下は50万円(これは推測)となり、低く見積もったとして合計775万円で落札されます。

直近の相場では、A5は140万円、A4は135万円、A3は120万円、A2以下は80万円(これは推測)となり、高く見積もったとして合計1,020万円で落札されます。

収益予想の表

こちらの表が累計売上金額の表となっています。775万円で落札されれば104%ぐらいの利回りとなりますね。1,020万円の落札で109%ぐらいの利回りとなります。

109%の利回りになったとしても、取扱手数料や税金を引くと、1,000円ほどしか残らないのですが、特典をもらえたり、投資する意義を考えれば良い案件と判断しました。

 

商品

滋賀県の近江牛は、知りませんでした。全国でブランド牛は、どのくらいあるのでしょうか。

ある程度の基準を満たしたものがブランドとして登録されるのでしょうから、高く取引されているのでしょう。

 

リスク

投資にあたっては、色々なリスクがあるので契約締結前交付書面で確認する必要があります。

生き物ですから、うまく育たなかったり、死んだりすることもリスクです。また、飼料の高騰や病気の発生(過去BSEなど)もリスクになるでしょう。

また、前述のとおりTPPによる牛肉の関税引き下げによって、相場の下落も2年後には見られるかもしれません。

そういったことが起これば、分配金が少なくなるだけではなく、投資した5万円も回収できないリスクがあることを、投資前にわかっておく必要があります。

 

まとめ

10口投資をすれば、近江牛1kgが特典です。投資を考えましたが、リスクや事業の駆け出しということもあり1口としました。

良いご縁なので、近江牛を自分で購入して楽しみたいと思います。

今回の売上予測で用いた表は、投資家として分かりやすかったです。引き続きミュージックセキュリティーズさんには、頑張っていただきたいところです。

 

画像出典:ミュージックセキュリティーズ