Amazonギフト券を格安で入手できる9つのサイト比較

アマゾンロゴ

Amazonで商品を購入するときに、誰もが安くしたいと思いますね。その場合は、Amazonギフト券を安く購入すれば、最大10%引きで商品を購入することができます。

例えば10,000円のAmazonギフト券を9,000円で入手できれば、実質的に10%割引となります。実際には10%引きに巡り合うことはあまりありませんが、常時5%引きはあります。

ギフト券の取引サイトについて、私はamaten(アマテン)を利用しています。一番安い時で8.5%引きで入手したことがあります。

ほかに安いところを探していましたら8つのサイトが見つかりました。少しずつサイトごとの特徴がありますので、ご自身で好みのところで登録してください。

 

Amazon(アマゾン)ギフト券の取引サイト

amaten(アマテン)

amaten(アマテン)サイト
運営会社 amaten株式会社 販売率(記事作成時) 94.00%
入金方法 銀行振込 入金反映 21時まで入金すれば即日
取扱種類 Amazon、iTunes、GooglePlay、Line、楽天ポイントギフトカード

 

ギフル

ギフルサイト
運営会社 株式会社ギフトプライス 販売率(記事作成時) 93.00%
入金方法 銀行振込 入金反映 即時
取扱種類 Amazon、iTunes、GooglePlay、Line
新規にオープンしたサイト。2017年1月10日まで出品者のギフト券販売成立時のシステム利用料が無料!

また、ギフト券を購入する方も、出品者が安く出しているかもしれませんので、どのくらいで購入できるか他のサイトと比べてみてください。私が見たときは、アマゾンギフト券93%ということで最安でした。

 

アマオク

アマオクサイト
運営会社 株式会社アマオク 販売率(記事作成時) 93.00%
入金方法 銀行振込 入金反映 即時
取扱種類 Amazon

 

giftissue.com

giftissue.comサイト
運営会社 株式会社DAYNEEDS 販売率(記事作成時) 94.20%
入金方法 銀行振込 入金反映 最短5分から24時間以内
取扱種類 Amazon、iTunes、GooglePlay、Line、WebMoney、GREE、Mobage、Ameba、プレイステーションネットワーク、ニンテンド-、楽天ポイントギフト、DMMマネー、バニラVisa、honto、Windows

 

amaQLO(アマクロ)

amaQLO(アマクロ)サイト
運営会社 ネットエスクロージャパン株式会社 販売率(記事作成時) 94.80%
入金方法 銀行振込 入金反映 21時まで入金すれば即日
取扱種類 Amazon

 

バイバイギフト

バイバイギフトサイト
運営会社 株式会社イレブンアイ 販売率(記事作成時) 94.00%
入金方法 銀行振込 入金反映 最短30分から24時間以内
取扱種類 Amazon、iTunes、Vプリカ
(2016年11月8日追記:サイトへアクセスできなくなっていますので、サービス停止したと思われます。)

ギフトレ

オンライン金券ショップギフトレ
運営会社 株式会社ネクストステージ 販売率(記事作成時) 93.25%
入金方法 銀行振込 入金反映 15時まで入金で即日、土日は翌営業日
取扱種類 Amazon、iTunes、GooglePlay、Line

 

アマ市場

アマ市場サイト
運営会社 Fits株式会社 販売率(記事作成時) 95.00%
入金方法 銀行振込 入金反映 14時まで入金で即日、土日は翌営業日
取扱種類 Amazon

 

新栄ギフト

新栄ギフトサイト
運営会社 株式会社LONG ONE 販売率(記事作成時) 95.00%
入金方法 銀行振込、クレジットカード 入金反映 14時まで入金で即日、土日は翌営業日
取扱種類 Amazon

 

Amazon(アマゾン)ギフト券取引のポイントやQA

はじめての方向けに、気になるであろうポイントやQAを案内します。

 

サイトの選び方

なにを基準に選べばよいのか分からない場合には、私の基準を参考にしてください。

1:入金のはやさ

購入したいと思ったらスグに取引したいです。そのため、Amazonギフト券を購入するスピードが大事です。

あらかじめサイトに入金が済んでいればよいのですが、そういったことも少ないと思いますので、入金してからサイトに反映される時間がポイントとなります。

私が利用しているamaten(アマテン)については、入金してから1分ぐらいで反映されます。

 

2:入金先銀行

振込手数料は有料となります。

そのため、自分の持っている銀行口座と入金先銀行が同じであれば振込手数料が安くなることが多いので、そこもポイントとしています。

 

3:使えなかった場合の対応

電子上の取引のため、ギフト券番号がサイトで発行され、それをAmazonサイトへ入力する手順となっています。

ここで、サイト入力したものが使えなかった場合の不安があります。

そのため、使えなかった場合の対処方法について用意されているサイトを選びましょう。

amatenは、取引完了から30分以内であれば、申請することでお金が戻ります。

 

4:割引率

当然ですが、安く買えるサイトがよいです。

利率がリアルタイムに上下するサイトはよく見ておきましょう。

この記事作成時点では、上でご案内した通りですが、時間帯によって安くなるところもあります。

amatenは、夜中(12時以降)の時間帯が安くなっていることがあります。

 

amaten以外でおすすめは?

アマオクがよさそうだと思いました。ほとんどamatenと変わらないのですが、安く購入できる可能性がありそうです。

そのほかには、giftissue.comは色々なギフト券を取り扱っている点が、他サイトよりも優れています。

 

クレジットカードが使えないワケ

クレジットカードが使えないです(新栄ギフトは使えるようです)。クレジットカードでのポイントも貯めたいのに、なぜでしょうか?

その答えは、クレジットカードの手数料にあります。

クレジットカードの利用者は、使用するときには無料で使えます。一方で、クレジットカードで支払いを受けた店舗などは、その代金の数パーセントをカード会社に決済手数料として支払います。

一番安い手数料で3%前後となりますが、5%以上取るところもあります。

そのため、ギフト券取引でクレジットカード決済を可能にすると、購入する人、販売する人、運営サイトのいずれかが、結果的に3%前後を負担することになります。

ギフト券取引のサイトでは、購入する人は手数料無料ですが、販売する人は手数料3.5%ぐらい運営サイトに支払っています。これに3%前後を販売する人に上乗せする、または購入する人が3%前後負担するということになると、売買する人が減ってしまい、ほかのサイトへ流れてしまいますね。

こういった理由により、銀行振込のみとなっています。

 

どんな人が売っているの?

Amazonギフト券をもっていれば誰でも売ることができます。個人の方や企業の方です。

ギフト券を貰ったり、景品として当たったり、などさまざまな理由はあると思われますが、主力の売り手はクレジットカードのショッピング枠の現金化をしている人だと予想しています。

お金が必要な人で、何らかの理由でお金を借りることができないときに、クレジットカードのショッピング枠だけはあるとします。

そこで、Amazonギフト券を購入して、こういったサイトで売れば、手元にショッピング枠の90%ぐらいは現金として用意できます。

 

まとめ

私が使っているamatenの他にもサイトが7つもありました。まだあるのかもしれません。

ヤフーオークションでも取引ができるのですが、電子マネー等の取引の場合は使えなかった場合の補償が重要であると思います。入金してもギフト番号が使えなかったら、どうしょうもないですから。

そのため、専用サイトで取り引きするようにしています。

少しの手間で最大10%引きで買えます。是非、ご検討ください。