株主優待「つなぎ売り」の手数料が最も安くなる売買方法

株主優待「つなぎ売り」をするときに、「現物買」と「信用売」で注文をしていませんか。手数料を損している可能性が高いです。

はじめて「つなぎ売り」をしたときには分かっていなかったのですが、「つなぎ売り」では売買方法が主に4つあります。

その主な4つの売買方法と、どれが最も手数料が安いのか解説をしています。

株主優待「つなぎ売り」の売買方法

つなぎ売りとは、株主優待をもらうために、上場している会社の株に対して、現物買と信用売の注文を行い、株主優待の権利を取得するものです。

つなぎ売りのメリットは、売りと買いのどちらも行っているため、株価が変動しても損益は相殺されますので、手数料のみかかります。株主優待の権利は、現物のみ与えられ、信用取引の場合はないので、結果的に手数料のみで株主優待をもらうことができます

手数料は、売買するための手数料、金利、貸株料、逆日歩が含まれます。

つなぎ売りで気を付けなければいけないのは、株主優待の価値(値段)よりも手数料が上回ってしまうことで、実質的に損をすることもあるということです。

そのため、つなぎ売りでは、いかに安い手数料で取引するのかが成功のポイントです。

手数料は取引の後ではないと金額が分からないものもあり、事前に正確な手数料を比較することはできません。

しかし、多くの場合には、おすすめする取引方法が最安となりますので、安心してください。具体的な取引方法は以下の通りです。

 

4つの「つなぎ売り」売買方法

  1. 現物買+信用売(一般・短期)
  2. 現物買+信用売(制度)
  3. 信用買(日計り)+現引き+信用売(一般・短期)
  4. 信用買(日計り)+現引き+信用売(制度)

現物買とは、一般的な買い注文です。

信用買(日計り)とは、信用買の中で約定日当日に返済する(売る)ことを約束した注文です。

現引きとは、信用買をしているものを現物買にする注文です。

信用売(一般・短期)とは、証券会社が独自に実施する信用取引です。逆日歩はかかりませんが、数に限りがあり人気のある株主優待の会社はすぐに売り切れます。

信用売(制度)とは、通常の信用取引であり、数に限りはありませんが逆日歩がかかります。優待の権利をとるためには多額の逆日歩が発生することがよくあります。

 

※ほかにも注文方法として、信用買(制度)、信用買(一般・無制限)、信用売(一般・無制限)、信用売(日計り)もありますが、基本的にはつなぎ売りでは利用しないと思いますので割愛しています。

 

「つなぎ売り」で、手数料が最安となりやすいのは「信用買(日計り)+現引き+信用売(一般・短期)」です。

 

特に「買い」がポイントです。

信用買(日計り)と現引きの注文は、楽天証券は無料となるためです。一方で、現物買には注文の手数料がかかります。

信用買(日計り)をして、当日に現引き注文をすることで、結果的に無料で現物買と同じことをしていることになります。

 

2018年2月イオン株主優待の取得例

毎回、株主優待の権利を得ている「イオン」を例にして手数料の説明をします。

結果から先に書くと、やはり「信用買(日計り)+現引き+信用売(一般)」が最安となりました。

 

優待内容

優待カードの配布(イオンで買い物した額の数パーセントを還付)

また、表示はされていませんが、株主に配布される株主カードがあれば、半年間は以下の特典もあります。

  1. ジュースやお菓子をくれるイオンラウンジの利用料が無料
  2. イオンシネマはいつでも1,000円で最新の映画を視聴できる
  3. イオンシネマ利用時にポップコーンかジュースが無料

 

今回は優待カードの4%割引を500株で取得しました。

イオンの本社住所は千葉県千葉市美浜区ですが、同じ区に住まいがあります。周りにはイオン系列の店舗がたくさんあります。

そのため、半年で20万円から30万円の買い物をイオンで行っています。25万円とした場合は、10,000円(25万円×4%)の株主優待の価値があります。

 

スケジュールと株価

  • 権利付最終売買日:2018年2月23日、始値1,847.5円、終値1,829円
  • 権利落ち日:2018年2月26日、始値1,821.5円、終値1,826円
  • 権利確定日:2018年2月28日

 

取引ごとの諸経費

株主優待の権利(500株分)を取得するために、想定される売買方法で諸経費を計算しました。(すべて税を含めたものです)

楽天証券で取引した場合で計算しており、おそらく最安値です。ほかで取引した場合には、もう少し諸経費は高いと思われます。

 

現物買いで取引したときの諸経費

権利付最終売買日の始値で500株を現物購入し、権利落ち日の始値で現物売却したときの計算例です。

買手数料 売手数料 価格下落 受取配当(予定) 諸経費計
現物買 -525円 -525円 -13,000円 +5,977円(1株15円) -8,073円

始値から始値で株価下落を計算していますが、最終日の終値で買い、落ち日の始値で売却すれば、非常にお得に優待を取得できました(結果論ですが)。

 

つなぎ売りしたときの諸経費

買手数料 売手数料 金利 貸株料 逆日歩 諸経費計
現物買+信用売(一般・短期) -525円 -378円 -197円 -1,100円
現物買+信用売(制度) -525円 -378円 -55円 -1,175円 -2,133円
信用買(日計り)+信用売(一般・短期) 0円 -378円 -48円 -197円 -623円
信用買(日計り)+信用売(制度) 0円 -378円 -48円 -55円 -1,175円 -1,656円
  • 権利付最終売買日の始値で、買と信用売りをした場合で計算しています。
  • すべてのパターンにおいて、権利落ち日に現渡し注文(手数料無料)をして決済します。
  • 信用買(日計り)は、楽天証券の「いちにち信用(手数料無料)」で注文し、約定日当日に「現引き注文(手数料無料)」をして、現物へ交換します。

 

結論

10,000円超の優待価値に対して、623円で権利を得ることができました。

今回はどの方法でも利益を出すことはできたようですが、現物買のみの場合と信用売(制度)を使った売買方法では、マイナスとなることもあります。

 

まとめ

つなぎ売りをする際の売買方法が主に4つあります。

ほとんどの場合で、信用買(日計り)+信用売(一般・短期)のパターンで売買することで、最も手数料が安くなります。

これまで、ほかの方法でつなぎ売りをしていた場合には、比べていただければ分かりやすいかと思います。

手数料を最安にするには、信用買(日計り)が無料の証券会社を選ぶことが重要です。

 

楽天証券では、信用買(日計り)のことを、「いちにち信用」という通称名となります。

信用売りの一般信用枠も、かなり多くなってきているので、「つなぎ売り」で株主優待を取得するなら必須の口座となります。

まだ口座開設されていないときは、資料請求して、株主優待の売買に活用してください。

>>信用取引は格安手数料の楽天証券

 

株主優待を取得するのにかかった手数料を記録しています。これから「つなぎ売り」をするときの参考になるかもしれません。

株主優待「つなぎ売り」の実績
上場会社が株主に対して実施する優待の権利だけを狙って売買をしています。売買方法はいくつかの選択肢がありますが、その方法の中で、株価の変動を相殺させ、手数料の数百円だけ負担する「つなぎ売り」を実践しています。「つなぎ売り」は「タダ取り...

 

【関連記事】